2011年06月04日

【PSP版恋戦】悲恋・通常ルート分岐条件検証

今度は悲恋・通常の分岐について。
こちらでは祝言・通常とは逆に、基本的に1〜8話の全てで外伝を「出さない」ようにすれば、基本的に悲恋ルートに入れます。

つまり外伝を一つも出さない条件での親密度の最高値は8点(理論値)。
そこで各話+1となるような選択にして、本当に悲恋ルートに入れるかどうかを確認します。

ここで注意すべきは各話で+1となる選択肢の組み合わせです。
前々回の記事で、便宜上、減点は全て-1を割り当てました。が、これが正しいかどうかは分かりません。+2という配点が存在する以上、-2という配点があってもおかしくない。しかし現状ではこれを検証する術がありません。というか、一人でそんなことやってられないんだぜ。

このため減点となる選択肢を(可能な限り)用いずに、各話の親密度を調整すること。を条件とします。そうなると、+1と0の組み合わせしかないんですが…。

■結果(1)
・8点 → 通常

やはり外伝全てを出さない条件でも、通常に入るケースがあるようです。
そこで、+1のところを0にするようにしていきます。これについては-1を使わざるを得ませんでした。

■結果(2)
・7点 → 通常
・6点 → 通常
・5点 → 悲恋

こんなんでました。
posted by sako at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋戦PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206937503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。