2010年07月27日

ラストランカー

クリアしましたー。

ゲームとしては、色々残念なところもありますが、キャラは良かったので、中々楽しめました。曲もグラフィックも良かったです。メディアインストールもありましたが、特にしなくても、あまりストレスなかったです。

もうちょっと自由度が欲しかったかなーとも思いますが、ゲームバランスとか考えると、こう押し込めるしかなかったんですかね。どうなんでしょう。
お手軽にプレイするには丁度良いですし、だからこそクリアまで行ったんでしょうけど…。最近は先が長くなるとそれだけで気が滅入ってしまって、、歳でしょうか?orz とりあえず詰まずに済んで良かった。

基本は修練を行ってストーリを進めていく形になりますが、既存のRPGにありがちな「おつかいに行かされてる」感は特に気になりませんでした。修練/ランキング戦はもっとあっても良かったと思うくらい。後半のランクの上がり方が早過ぎると感じたくらいなので、この辺色々なタイプのランカーを出して、スタイルを駆使して、ランクをのし上がる楽しみをもっと味わいたかったです。
盾は1回きり、銃については1度も使わなかったし…。

声優陣はかなり豪華でしたね。マクロスFの中の人が多目に見えたのはきっと気のせいw

もっと殺伐とした世界かと思ってたんですが、低位ランカーの皆さんがかなり良い人ばっかりで、うっかりほのぼのしてしまったり。ジグがタイロンに気に入られた理由をリドから聞いて、これまたうっかりニヨニヨしてしまったり。
みんなのジグっち大好きっぷりが、非常に和みましたww

奥義は始終最初に教わった一番星(正式名称:スターボマー)一択でした。あのインパクトったらない。

どんな奥義かというと、

相手を空高くぶっ飛ばし
 →「仰角65」と狙いを定め
  → 「一番星ィィィーー!!」と長剣で特大ホームラン
   → 地球?一周し、地面にのめりこんで戻ってきた相手にボソッと「おかえり」

スウィングまでのジグのモーションが一々面白いので、何度見ても笑えるとても恐ろしい技ですwww何でこんなところが細かいんだ!!!ww


そんな訳で残念なところは多々ありましたが、続編を期待してます。
素材は悪くないので、作り方によっては化けると思う。
というか面白い要素が多々あったので、この辺りを突き抜けるくらいに前面に出しても良いんじゃないかな。
posted by sako at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。